借金に対する見方の変化とプライド

元々借金の意味が理解出来ませんでした。お金がないのにお金が必要になる、と言う事態をあまり考えられず、二十歳そこらで友人や金融にお金を借りている知人を見てドン引きしていました。

二十歳のころは学生だったのですが、学生なのにお金を借りている人も結構いましたからね。学生でお金を借りれるの?って感じでした。

※参照:学生でもお金を借りれるカードローン・キャッシング※家族にバレない

きちんと働いていて(例えフリーターでも正社員でも)お給料を貰っているならその範囲でやりくりをするべきだし、急な飲み会でお金が足りない…と言うのも、一万くらいは最低でも銀行に入れておけばいいのにと思いました。

住宅ローンや車のローンも借金と言えば借金だけどそちらは問題ない、寧ろある程度の年齢になったらして当たり前くらいに思っていました。

結婚した相手が元々債務整理中で、結婚後は生活費だ何だと私名義で借金をするハメになりましたが、それでも友人から借りると言う選択肢は毛頭ありませんでした。

金融会社に借りるのはお互い知り合いでもありませんし、借入分を返済してしまえば後腐れもないので止むを得ない場合は仕方無いと思います。

ですが、知人だけには借りたくありません。例えそれが少額だとしても、絶対に知人からは借りたくないです。お金を貸して、と言う相手ならば余程深い付き合いでなければ先ず普通は言えませんし、その親しい相手にお金がない現状を知られてしまうのは恥ずかしいし情けないしで私には出来ませんでした。

また、両親も裕福とは縁遠いので借りられない上に小言を言われるだけなので言いませんし、友人には恥をかきたくないので言いません。なので選択肢は金融会社のみでした。

私の祖母ならばこのくらいの金額ぽんと出してくれるのになと思いつつ、お互いそれは禁句として決して口にせず借り入れを黙々と返済する日々です。

事情を知らない家族からはまだ家は建てないの?なんて言われますが、借金がある事を告げていないのでそれも当然だと思います。

言ってしまえば周りからのプレッシャーや疑惑から解放されると思いますが、プライドが邪魔をして告げる事が出来ないのでもうこのまま誰にも言わないでいると思います。知人や家族に借金するくらいなら金融会社に、それが私の考え方であり経験です。

 

 

~~もしもの時の即日キャッシングについて~~

即日キャッシングは、融資のための審査基準を満たしていれば、必要な資金をほんの少しの間待つだけで借りることができるキャッシングです。どうしようもないお金の不足というのは予期せずやってくるので、ピンチの時には即日キャッシングというのは、まるで救世主のように感じる方が多いのではないでしょうか。

すぐに入金してほしい!なんてトラブルの時は、当然といえば当然ですが、当日現金が手に入る即日キャッシングを使っていただくのが、やはり一番ではないでしょうか。大急ぎでまとまった現金を融通できないと困る場合には、非常に助かるサービスではないでしょうか。

必ず行われているキャッシングの申込審査とは、キャッシングを希望して申込みを行ったあなたの返済能力がどの程度かについての慎重な審査です。借入をしたい人の収入、勤務年数、居住年数の長さなどの情報を基に、本当に新規のキャッシングによる借り入れを実行しても大丈夫なのか、そこを事前に審査するとのことです。

現実的に収入が安定しているのであれば、カードローンによる即日融資がスムーズに受けられるのですが、自営業をしている場合やパートといった場合は、融資の審査に長い時間がかかって、その日のうちに即日融資ができない場合も出てきます。

キャッシングを取り扱っている業者の融資できるかどうか審査の目安は、キャッシング会社別で厳しさに多少の差があります。銀行系のカードローンはハードルが高く、次に信販関連、そしてデパートなど流通関連、一番最後がアコムなど消費者金融系と言われている会社の順に緩やかになっていきます。

キャッシングなのかローンなのかという点は、一生懸命になって調査しておく必要はないのですが、借り入れを行う申し込みまでには、融資してもらったお金をどうやって返済していくのかに関しては、じっくりと精査してから、現金を貸してもらうのが肝心です。

無利息期間と言われるサービスが利用できる、魅力的な即日キャッシング対応できるところを上手に利用して融資を受けたら、金利がどれくらいだなんてことに苦労させられずに、キャッシング可能。ということでお手軽で簡単にお得なキャッシングをしていただける個人に最適な借入商品なので人気があるのです。

すでに、いくつものキャッシング会社が注目の特典として、利息は一切不要の無利息期間サービスを受けられるようにしています。ですから賢く利用すれば融資されてからの借入期間次第で、本来の利息が本当に0円で済むわけです。

増えてきている無利息でのキャッシングが出始めたときは、新規融資の方だけで、最初の7日間についてのみ無利息でOKという制限がかけられていました。しかし当時とは異なり、この頃は最初の30日間については無利息でOKのところが、最も長い特典期間になってより便利になっています。

たいていのカードローンの場合は即日融資することもできちゃいます。つまり朝のうちに、新規にカードローンを申し込んで、問題なく審査に通ったら、当日の午後には、申し込んだカードローンの会社から新規に融資を受けることができるということなのです。

新しいキャッシングカードを発行するための申込書記入内容に、誤りがあると、ごく例外を除いて再提出になるか訂正した部分に訂正印が押していただくことになるので、あなたに返却されてきてしまいます。自署による書類の部分は、念入りに点検するなど慎重に取り扱ってください。

ここ数年は融資に関するキャッシング、ローンの二つの言語の違いが、明確ではなくなってきていて、結局どっちともどちらも同じニュアンスの用語なんだということで、ほとんどの方が使うようになっている状態です。

気を付けないと同じ会社でも、ネットキャッシング限定で、利息0円、無利息キャッシングという特典があるところもあります。利用申し込みの時には、サービス対象となる申込のことも合わせて確実に確認が欠かせません。

キャッシングというのは、いわゆる銀行系の場合だと、けっこうカードローンという名前で呼ばれていることもあります。普通は、利用申し込みをしたユーザーが、消費者金融あるいは銀行といった金融機関から現金の貸し付けを受ける、小額の融資について、キャッシングと名付けています。

いわゆるポイント制があるカードローンの場合、融資の実績に応じてポイントを付与し、融資を受けたら必要になるカードローンの支払手数料の部分に、たまったポイントを使用できるようにしているところまで見受けられます。

トラブル満載だった、最初の海外旅行

忘れもしません、最初の海外旅行でした、20代の頃です。

英語もフランス語も喋れないのに、何を血迷ったか完全な個人旅行。最初のアメリカまでは旅慣れた知人が一緒でしたが、その後のイギリスとフランスは完全に一人で。

しかも「行きと帰りの航空券」「ホテル」は日本で押さえて行ったものの、「アメリカ→イギリス→フランスの移動」は現地でと言う無謀をしたのです。

まず最初のトラブルはアメリカ入国、帰りの航空券は「パリ→成田」です。その日までにはフランスに行くのだから、それ以前にはアメリカを出る。

そう説明したつもりでも、何しろ片言の英語なので中々話が進まず。しかも頼りの知人は「大丈夫そうだから」と先に行ってしまったと言う、結果通訳さんの手を煩わせました。

何とか入国、そして乗り継ぎだったのですが。この乗り継ぎ便が、後で聞いたところストライキ中だったとかで、オーバーブッキング。仕方なく一泊することになり、それでもホテルは用意してくれたので知人とのんびりしたのですが、翌朝空港で・・・・私が預かっていた航空券が、無い。

ホテルのトイレに最後に行った時に、置いてきてしまったらしい。知人に蹴飛ばされ、慌ててホテルまでタクシー飛ばして、幸い回収出来ました。

最初からこのトラブル続き、嫌な予感がしても当たり前だったのですが、最初のNYが楽しくてそれも忘れた頃に。イギリスに移動、となったわけです。イギリスまでの航空券は簡単に買えましたし、ここから完全に一人という事でちょっと心細かったのですが。それでも浮き浮きしていた私です、がしかし。

イギリスの空港に到着、預けた荷物を受け取ろうと待って、待って、待って・・・・出てきません。紛失でした、これは後で聞いたのですが、手違いで一便早い飛行機に私の荷物が乗せられてしまい、それを間違えて持って行った人がいたわけです。

焦っても仕方ないので、何とか平静を装い。紛失手続きをしてホテルに移動、最低限の必要品を購入。でもイギリスでは、着の身着のまま行動することになってしまいました。

それでもいい人との出会いがあったり、最終日に荷物が届いてほっと一息、フランスに移動です。

ここは列車とフェリーでの移動でしたので、しっかり荷物を抱え込んでいったのは言うまでもありません。そしてホテルに到着しましたら・・・・・予約が入ってないと言う、さすがにぐったりでしたが気の毒に思ってくれたホテルのスタッフさんが、予備ルームでよければと提案してくれたので何とか宿無しにならずに済みました。

トラブルだらけでいい加減度胸も付いた私です、最初の旅行でほぼトラブル経験したようなものです。もう矢でも鉄砲でも持って来い、そんな気分で帰国の途につき。

そして成田で・・・・・・また荷物が・・・・・届いていなかったと言う。

まあここは逆を言えば、重い荷物を自分で運ぶことなく後で配達してくれるからいいかな、と思いつつ手続き済ませて空港を出ました。

これ以降の旅行で、妙な度胸と、荷物が出てきたらラッキー、と思う変な心理が働くようになったのも事実です。
海外旅行は何も考えずに行くのも楽しいものですが、やはり準備していた方が安心できますね。海外旅行の準備に関しては≪こちら≫を参考にしてみるといいですよ。

税金の支払いが大変!!

5月。この時期は毎年憂鬱になります。
なぜならそれは、市から税金の支払通知書が届くからです。
自動車税と固定資産税のダブルパンチ!
それに加えて我が家は来月車検があります。あ~大きい単位のお金がどんどん逃げていく。
通帳を見てはため息をつく毎日です。
それでなくても2人目の子どもが生まれ、上の子どもが幼稚園に行くようになってから毎月かなりギリギリ、
いや、時には貯金を崩して生活をしているというのに…。
これからどんどん子どもたちも大きくなり、教育費は更に増すばかり。
子どもの習い事も、今は上の子どもがスイミングを習っているだけですが、今後他の習い事をする可能性もあるし、当然下の子にも…。
また、我が家は分譲マンションに住んでいるのですが、今年度から管理費と修繕費が少し上がることになりました。
固定費の出費が増えるのは本当に痛い!
出費は年々増えていくというのに、主人のお給料はほとんど上がる見込みはありません。
どうしたものか…。

そんな中、少しでもお金を浮かせようと試行錯誤しながら節約もするようになりました。
元々オシャレは大好きで、お化粧することも好きだった私ですが、最近では美容代、洋服代など、自分自身に関わる出費を抑えるようにしています。
私はヘアカラーをしているので、2ヶ月もすれば髪の根元の部分が気になるようになってくるのですが、お金がない月は更にもう1ヶ月美容院に行くのをガマンしたり。
化粧品も昔はあれこれと色々な製品を試していたのですが、最近は特にこだわりなどもなく、肌が荒れなければOKという感じで適当に購入したり。
家計が厳しくなると一番影響を受けるのが私の美容代、洋服代ですね。

すぐに大きくなってサイズアウトしてしまう子どもたちの洋服は、最近ではフリマアプリを利用して中古のものを買うことが多いです。数百円で可愛いブランドものの服が買えるのでここ最近は新品の洋服は買っていません。
また、もう着られなくなった洋服や、靴、不用品でも割と状態が良いと思えるものは、このフリマアプリを利用して売っています。

それでも、大した効果はあまり得られないのが現実。
やはり、外に出て働いてお金を稼ぐしか方法はないんだなぁとつくづく思います。